【スーツ不快指数調査】記録的な長さとなった令和初の梅雨。雨天時でのスーツ着用95.2%が不快と回答!|2019/07/25

スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を展開する株式会社オアシススタイルウェア(代表取締役:中村 有沙)は、公式オンラインストアの購入者125名を対象に「雨の日のスーツ」に関する調査を行いました。ワークウェアスーツは2018年3月末に発売開始後、単月売り上げ目標の5倍を上回るなど、話題沸騰中の商品です。

——-
■調査結果概要
〇雨天時のスーツ着用時に不快に感じた経験がある人は、95.2%
※ワークウェアスーツ着用での同質問の回答は、わずか20%
〇「濡れによるべたつき」が不快に感じる原因の61%を占めた。
——-

雨の日のスーツは嫌われ者!90%以上が「不快」と回答

Q1. ワークウェアスーツ以外のスーツ着用時についてお聞きします。
雨の日にスーツを着ていて不快に感じたことはありますか?

雨の日にスーツを着用する際に、不快に感じたことが【よくある】【たまにある】と回答した人は95.2%となりました。【あまりない】【全くない】と回答した人は4.8%となり、雨の日にスーツを着ている人の多くが不快に感じているということがわかりました。

ビジネスマンの不快ポイントを探る!「濡れによるべたつき」と「裾の汚れ」が着用感の低下を導く

Q2. Q1で「よくある・たまにある」と答えた方にお聞きします。
どのような点が不快に感じましたか?

【濡れたことによる着用感(べたつき)】と回答した人は61.2%、【パンツの裾が汚れる・濡れてしまう】がついで25.5%という結果になりました。

雨の日でも80%以上が快適と回答。ワークウェアスーツはビジネスマンの味方!

Q3. ワークウェアスーツ着用時についてお聞きします。
雨の日にワークウェアスーツを着ていて不快に感じたことはありますか?

雨の日にワークウェアスーツを着ていても、不快に感じたことが【あまりない】【まったくない】という回答が80.0%となり、湿気でべたつく季節でもワークウェアスーツの満足度は高いということがわかりました。

雨の日こそ着たい!!ワークウェアスーツ5つのポイント

1.水に強い次世代スーツ!水道工事×アパレル
ワークウェアスーツは、グループ会社で水道工事の事業を営むオアシスソリューションの現場作業服として誕生いたしました。技術職員から営業担当まで、幅広い職種に対応できるスーツ型作業着です。撥水・防水機能を兼ね備えており、雨や水をはじくことができます。

2.毎日洗えてアイロン不要
洗濯機で毎日洗えて、すぐ乾く。速乾機能・形状記憶で湿気でべたつく季節でも毎日洗濯して、清潔なスーツを着用することができます。

3.持ち運びはカバンにポン
荷物が多い雨の日でも楽々持ち運び。丸めてカバンに入れてもシワがつきにくい。

4.多機能ポケットで両手フリー
両手がふさがる雨の日に便利な大口ポケット。折り畳み傘やipadまで入る大容量が便利。

5.まるで部屋着!?スーパーストレッチ
湿度が高く気持ちが窮屈な雨の日でも、スーパーストレッチで身動きも気持ちもストレスフリー。