“各分野の凄い人を研究する”新感覚コンテンツ 凄い人研究所「SUGOLABO」 第2回の凄い人は、人生に添ったヘアスタイルを提供 美容師の鈴木大志|2019/12/19

各分野の凄い人を研究する新感覚コンテンツ、凄い人研究所「SUGOLABO」Vol.2の配信を2019年12月17日(火)に行います。第2回目は、お客様の人生に添ったヘアスタイルを、その人とのコミュニケーションを通して導き出していく、美容師の鈴木大志さんに仕事に対する取り組み方をインタビューしました。
SUGOLABO 一覧

スゴラボ

― 第2回 美容師 鈴木大志さん
“パーソナルサロン”セレソンパーマ代表

スゴラボ

「仕事も遊びの一環。人生に寄り添った髪形を提供したい」
1979年埼玉県出身。美容師専門学校卒業後、青山の美容院に入社。
2011年に独立し、現在は恵比寿に美容院「selecao/セレソン」を構える。音楽や絵画、アニメなどのカルチャーや日々の生活を通して、  感性を磨きヘアデザインへの発想力や想像力につなげている。

今回のインタビューでは、鈴木さんの仕事に対する取り組み方として、私生活で受けた感覚をどのように仕事に生かしているのかなどについてを取り上げています。

―第3回目 アーティスト 植田工(ウエダタクミ)さん

1978年生まれ 41歳。
「自分の求める理想像を僕はずっと追い続けている」
幼少期に見たアニメ映画に感銘を受け、アニメーターとしての道を志す。東京藝術大学卒業後、アニメ―ション部署も抱える大手企業に入社、その後退社し脳科学者・茂木健一郎の弟子を務める。2017年に独立。表現方法は、絵画、イラスト、映像など、多岐にわたる。
代表作として『シーシュポスの神話』三連作、アニメーション『胸に釘の刺さった男の子』、『マリア』シリーズ が挙げられる。他に渋谷アロープロジェクトに参加、アトレ目黒の壁画なども施す。
(植田工公式サイト:https://www.takumiueda.com/

― 凄い人研究所「SUGOLABO」とは
凄い人研究所「SUGOLABO」は、各分野で輝きを放つ達人(通称:凄い人)に、人生を振り返りながらその凄さを研究する新コンテンツです。弊社は、「世界中の働く人を快適に、笑顔に。そして、カッコよく」をテーマに事業展開を行っており、WWSを通して“働く”ことの楽しさを伝えたいと考えることから「SUGOLABO」を配信しています。本コンテンツでは、仕事に打ち込んでいる人の「人生」にフォーカスし、インタビューを通して歩んできた軌跡を浮き彫りにしていくことで、 “働く”ことに対してのあらゆる価値観を紹介していきます。