“スーツに見える作業着”WWSの“日本初”作業着系サブスクリプション。サービス開始1年でご導入企業100社突破、新プランを発表!|2020/01/31

法人向け“日本初”作業着系サブスクリプションの月額定額レンタルサービスのご利用企業が展開開始1年で100社を突破したことを報告いたします。それを記念して、2020年2月10日(月)からお客様のご要望にお応えし、「ベーシックプラン」で「ジャケット1着/パンツ2着」の新プランを展開いたします。

WWS

▼サービス開始1年で導入企業100社達成!
オアシススタイルウェアが展開しているWWS法人向け月額定額レンタルサービスは、2018年12月に展開を開始し、サービス開始1年で、多くのお客様にご好評いただきご導入企業100社を突破するに至りました。当初は、導入前のトライアル機会拡大のために本サービスを開始いたしましたが、「毎月定額での出費なので予算を組みやすい」「サイズが変わったら交換したい」等の理由で想定以上に継続的にご利用頂いております。また、本サービスでは、ユニフォームとしてなら営業マンにも非課税で制服を支給できるため、「作業着は支給されるのになぜ営業にはユニフォームが支給されないのか」といった社内の不公平感の是正にもご活用頂いております。

▼新プランはパンツ需要
サービス開始以降、オアシススタイルウェアはお客様にとっての快適性を改善できるプランの試行錯誤を続けてまいりました。お客様アンケートの結果、「パンツの方が洗う頻度が多い」「営業用・作業用でパンツの種類を変えたい」という理由が多かったことから、パンツ需要にお応えする新プランの導入を決定いたしました。新プランは、「ベーシックプラン」で「ジャケット1着/パンツ2着」で展開いたします。

▼“日本初”作業着系サブスクリプションサービス!驚異の継続率90%*1
近年、サブスクリプションサービスはかなり流行しており、さまざまなジャンルで競うように新サービスが立ち上がっています。“サブスク”とは、製品やサービスなどの一定期間の利用に対して代金を支払うサービスで、安定的な収益が望める事が企業側のメリットとなっています。その反面、継続率などの維持が企業側の課題となっており、解約が増えると、新規顧客獲得のための広告宣伝費など経費が膨れ上がることから、勝ち組負け組がはっきりしています。

弊社は、“日本初”作業着系サブスクリプションのパイオニアとして、サービス内容・価格帯を武器に、順調にご導入企業数を増やすことができました。そして、サブスクリプションモデル一番の課題である解約率は10%を下回っております。その理由としては、そのまま買取機能、専属担当による迅速な対応、ファン連鎖による新規獲得コストの削減、ユニフォーム特有の日用品感覚からくるお得感。それゆえ、お客様に満足頂いており、継続率は驚異の90%を維持するまでになっております。今後もオアシススタイルウェアはお客様満足を追求し、あらゆる業界で働く人々に働きやすさを提供していきます。
*1継続率 4か月以上の継続を指す。そのまま買い取りの場合は除く。

▼WWS法人向け月額定額レンタルサービス

WWS

▼ご導入企業の声/株式会社TOKYO BIG HOUSE
WWSサブスクリプションサービスを、社内の福利厚生「営業マンスーツ支給制度」で活用しています。不動産業界は長時間労働などで未だにブラックというイメージが根強く残っています。そのイメージを取り除くため、また、世間での「作業着が支給なのに、なぜスーツは支給ではないのか」という不公平感の是正にも繋がればと考えております。

WWS

▼WORK WEAR SUIT/ワークウェアスーツとは
ワークウェアスーツは、「スーツに見える作業着」をコンセプトとし、水道工事業を行うグループ会社にて、長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かし、現場作業しやすい高機能(ストレッチ性、防水・速乾・撥水、多収納、水洗い可、形状記憶)と、フォーマル要素を兼ね備えた次世代のスーツ型作業着です。2018年3月末に発売開始後、単月売上げ目標の5倍を達成、法人の導入企業は350件を超えるなど、話題沸騰中の商品です。

WWS